活動報告

会長ごあいさつ

一般社団法人
山梨県損害保険代理業協会
  会長  山下 和也

 風薫るさわやかな季節となりました。日頃、山梨県損害保険代理業協会にご支援、ご理解をいただき誠にありがとうございます。
 当協会は、公益法人制度改革3法の施行に伴い、昨年12月24日に一般社団法人として法人化することができました。これもひとえに会員・関係各位のご支援・ご協力の賜物と深く感謝しております。
 当協会は、県下121の損害保険代理店で組織し、保険の健全かつ公正な募集と、保険契約者の利益を守るため、資質および地位向上を図り損害保険事業の健全な発展に寄与するとともに、併せて地域社会に貢献することを目的としております。今後とも、当協会並びに会員へのご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

法人化後初めての定期総会と法人化記念式典開催

 平成21年5月27日(水)PM4:00から、一般社団法人 日本損害保険代理業協会の、第一回目の平成21年度定期総会及び法人化記念式典が、ホテル談露館において開催された。
 定期総会は、坂本副会長の司会で、山下会長の挨拶の後、来賓挨拶として、一般社団法人 日本損害保険代理業協会山梨損保会長 武藤裕明様とDRPネットワーク(株)社長 津島信一様と、一般社団法人 日本損害保険代理業協会副会長 諏訪昌彦様よりご祝辞を賜り、その後の総会は式次第通り承認されました。
 記念式典は、ご来賓の山梨県民課長様のご祝辞を賜り、フルート、ピアノ、バイオリンの三重奏を聴きながら、来賓、会員を含め80名で盛大に祝宴が開催された。

imgp1497.jpgimgp1498.jpgimgp1499.jpgimgp1500.jpgimgp1501.jpgimgp1502.jpgimgp1503.jpgimgp1504.jpgimgp1505.jpgimgp1506.jpgimgp1508.jpgimgp1509.jpgimgp1510.jpgimgp1511.jpgimgp1512.jpgimgp1513.jpgimgp1514.jpgimgp1515.jpgimgp1516.jpg